有園義肢株式会社 経営理念・社長挨拶

企業情報

経営理念

 有園義肢グループは、医療・福祉・介護の分野に、優れた製品と真心のサービスを提供し、人々の健康で豊かな人生の実現と地域社会の発展に貢献します。

(1) 私たちの全ての活動は、お客様の喜びと満足のために存在します。
(2) 私たちは、絶えず自己を磨き、創意工夫し、行動力とチームワークをもって、より高い目標に挑戦します。
(3) 健全な収益体制の確立につとめ、社員と家族の幸せを追求し、働き甲斐と誇りの持てる企業をめざします。

社長挨拶

平素より患者様、障害者様、医療関係者様、また取引企業様におかれましては当社に対する温かいご支援ご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

当社は1969年八代義肢装具研究所として八代市通町にてスタートしました。
現在では義肢装具製造はもとより整形靴、座位保持装置の製造、コンフォートシューズ販売、装具関連部材の開発等も行っておりその活動は多岐に渡っております。
また関連会社として「アドバンフィット株式会社」(装具関連部材の販売・輸出入)、「ケアパーク株式会社」(福祉介護用品販売・レンタル)があり、義肢装具に関係するお客様のご要望にくまなくお応えすべく周辺環境も整えられております。

医療保険、障害者福祉の現況は会社設立時とは大きく異なり、当社はもとより医療・福祉に関わる皆様にとりましても厳しい時代になりつつあります。このような中、当社といたしましても時流に先駆けた新しい発想の製品・サービスの創出を目標に社員一同努力をしているところであります。
今後もそれら特徴を十二分に生かし周辺環境の変化に対応しながら、身体機能でお困りの皆様、またその方たちを支える関係者様のため日々研鑽を重ね精進してまいる所存であります。

今後も当社に対する益々のご支援ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

平成27年10月
有園義肢株式会社 代表取締役
有薗 泰弘